JP

日本画・書画を基軸に表現形式の起源と展開についての考察を起点とした作品を制作しています。
また、場所、状況、歴史を起点とした作品や、視覚体験や現象を造形に取り入れ、思索や体験を重要視した作品を制作しています。
目には見えないけはいのようなものを、淡墨と僅かな筆致、余白によって表現する「罔両画(もうりょうが:Ghost style painting)」シリーズや、8世紀の中国を起源とする水墨画の技法、破墨(はぼく)を起点に異分野横断による「破墨プロジェクト」、岡倉天心の『茶の本』にある「beautiful foolishness of things」を活動理念とする「ちやのある Le Cha noir」など、複数の活動を同時に展開しています。

そして、自国(日本)の歴史、文化、思想を顧みながら、伝統芸術と現代芸術を融合させる挑戦をしています。